トップページ-夜景スポット              京都府 京都市 伏見区

伏見稲荷

伏見稲荷は、夜間何時でも参拝でき、独特な寺の雰囲気と夜景を楽しめる夜景スポット



伏見稲荷の夜景









雰囲気  ★★★★☆

感動度  ★★☆☆☆

安全度  ★★★☆☆

アクセス ★★★★☆

人の多さ ★★☆☆☆

▲クリックで伏見稲荷の夜景ページへ
  
■伏見稲荷について

伏見稲荷大社は、全国に三万社あるといわれている稲荷神社の総本山で、
和銅4年(711)に、稲荷山に大神様が初めて鎮まられたことを起源として創建された歴史ある神社です。
毎年初詣の時期には数多くの参拝者が訪れ、その数は近畿地方では最多といわれています。
約一万もの鳥居があるとされる境内は非常に広く、
山を登った四ツ辻あたりからは京都の南部を西方向に眺めることができる場所があり、
鳥居の雰囲気と夜景両方楽しめる、かなりオススメの夜景スポットです。

◆伏見稲荷のメリットデメリット

+良い点

●他の一般的なお寺と違って閉門時間がない
●参拝道が整備されており、参拝道の途中にも自動販売機や売店がある
●参拝道に電灯があるため、懐中電灯無しでも夜景スポットまで行ける


-悪い点

●夜景が見える範囲はあまり広くない

            ▼アクセス▼

◆バス※多数あり
(駅より 系統番号南5 京都駅)

(詳しくは京都市バスのウェブページへ>


◆京阪 伏見稲荷駅降車


◆阪急 河原町駅降車 京阪に乗り換え
   

◆市営地下鉄 四条駅降車 - 阪急に乗り換え河原町方面へ


◆車   京都駅より約12分(約3.5km)

※混雑時は更に時間がかかる恐れがあります



▼撮影メモ

伏見稲荷の良い点はなんと言っても閉門時間がないことです。
観光名所を回り、夜10時ごろを過ぎ、もう何処も閉まっているだろうという時間でも参拝できるので、、
最近は外国人観光客に人気があるようです。実際、私が行ったときも何人か外国の方と擦れ違いました。
ただ、あまり夜遅くなりすぎるとバスや電車は動いておりませんので、深夜に参拝される方は車やタクシーをご利用ください。
通常のアクセスは京都駅からはバスが一番お勧めです。
夜景が見える場所は四ツ辻という場所で、稲荷をくぐりつつ山を登っていくと、
岩が突出し、多数の道に分かれている分岐点にたどり着きます。そこが四ツ辻です。
その場所までは一時間かかりませんが、伏見稲荷には山中にお寺がありますので、全てを廻る場合は更に数時間かかります。
詳しくは伏見稲荷のwebページwご覧下さい。




京都夜景 TOP - 伏見稲荷 写真集